"チャンスが訪れた時に、100%完璧な準備ができている人はいない。だから千載一遇のチャンスが来れば、それが難しくてもチャレンジをするべきだ。無理だ、なんて考える必要はない。"
"テレビを「つまらなくする」ものが何かはともかく、テレビを「おもしろくする」ものは、掴みつかみ所のない「ふわっ」とした社会の雰囲気や空気などではない。「当たり前のことを当たり前にやる『きっちり』さ」と「ここ一番で命を削ってでも創造に『没頭』しリソースを投入する集中力」など、むしろ作り手側の「職人性」や「プロフェッショナリズム」の要因が多いのではないか?"
"あるいはテレビの世界独特の、何か「壮大な勘違い」をされているのか?例えば「テレビ局員はエラい」といった。(こうしたテレビ業界内の「勘違い」が未だにあるとするならば、テレビがつまらない要因の1つだと私は思う。)"
"これはあくまで単純な勘違い(ミス)なのか、あるいは何らかの配慮をして意図的に読者を誘導しようとした結果なのか?(このような「不信感」を与えるような恣意的とも取られかねない表現も、テレビがつまらないくなる要素の1つだと私は思う。これは誠実さの問題である。)"
"このように長谷川氏のコラムは内容全般に渡り、一事が万事、調べれば分かる程度の事実が微妙に「いい加減」に書かれている。(テレビがつまらない理由と共通すると私は思う。)"
Theme created by: Roy David Farber. Based on concepts from: Hunson's Black and Blue Eyes theme. Powered By: Tumblr.
1 of 2870